春一番のことや隔たり性高気圧などにあたって育成

天候などについて稽古しました。温帯低気圧が日本海に入り急速に発達するという強い南風が吹き込み、日本海側にフェーン状態が生じることがあります。春先の最初に吹くこういう南風を春一番といいます。この頃、温帯低気圧が太平洋岸を東進するとき、こういう低気圧にシベリア気団が流入すると太平洋岸にスノーを降らせます。3月々下旬になると、日本周囲を低気圧と高気圧が交互に通過するようになります。温帯低気圧って次に生じる温帯低気圧にわたっての高気圧をキロ性高気圧といったよびます。キロ性高気圧が日本をおおうときは、春らしき風の吹く穏やかな天候になります。キロ性高気圧の北東半分は乾燥し、温度は安く天候はよいですが南西半分は曇り気味で天候がひずみ易いだ。キロ性高気圧の通行後は温帯低気圧が近づき、天候は下り坂になります。こういう歳月は3〜5お日様くらいで変化することが多いです。春及び秋のそういう天候の変化は、この時期に日本の上空にジェット気流が位置することによって生じます。はなはだ勉強になりました。オリックス融資